証言者の歴史

イレーヌ・ヒズメ

イレーヌと双子の弟のルネは、レナーテとルネ・グットマンのもとに生まれました。2人が生まれて間もなく、家族はプラハに移りました。プラハに住んでいた1939年3月、ドイツ軍がボヘミアとモラビアを占領しました。数か月後、父親は軍服を着たドイツ兵に逮捕されました。数十年後、イレーヌとルネは父親が1941年12月にアウシュビッツ強制収容所で殺害されたことを知りました。イレーヌとルネは母親と共にテレージエンシュタットのゲットーに送られ、後にアウシュビッツに移送されました。アウシュビッツでルネとイレーヌは引き離され、医学的な実験の対象になりました。イレーヌとルネは、アウシュビッツから解放された後もしばらく離ればなれのままでした。1947年、イレーヌは児童救出グループによって米国に連れてこられ、そこで1950年にルネと再会しました。

謄本

もちろんのことですが、私には病院や診療所での不幸な思い出がたくさんあります。そこでかなりの時間を過ごしたように思います。病院に入院させられていたこと、そしてひどく具合が悪かったことを覚えています。それと、診療所に行ったとき、首の左側から採血されたのでひどく痛かったことも覚えています。そんなことを覚えているのも奇妙なことです。指から採血されたこともありましたが、それはあまり痛くありませんでした。それから、いろいろな測定や体重測定、レントゲン撮影のために、長時間ほとんど動かずに座っていなければなりませんでした。レントゲン...そう、レントゲンを撮りました。あとは...注射です。注射を覚えています。その後で具合が悪くなりました。その後入院させられましたから。高熱が出たのも覚えています。誰かが来て私の体温を測っていました。それから医者をひどく嫌うようになってしまいました。医者が怖くなったんです。医者をひどく恐れていました。今もそうです。まったくの悪夢です。病院に行くことなんてできません。だから病気になれないんです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.