証言者の歴史

ヨハンナ・ゲレヒタ・ニューマン

強化され続ける反ユダヤ主義政策と1938年の「水晶の夜」(「壊れたガラスの夜」)のポグロムの渦中にあったヨハンナの家族は、ドイツを去ることを決意しました。アルバニア行きのビザを取得すると、イタリアに入り、1939年にアルバニアに出帆しました。彼らはイタリア占領下のアルバニアに留まりましたが、1943年にイタリアが降伏するとドイツ占領下となりました。この家族は、1944年12月のドイツ軍とアルバニアのパルチザンの間の戦いの後、解放されました。

謄本

それは、どこであろうと亡命できる場所の探索でした。可能性は非常に低いものでした。英国への出国を考えていましたが、英国は、入国する一人一人に対して多額の保証金を要求していました。金額ははっきり知りませんが、両親が払える金額でも、メイヤー家が払える金額でもなかったと思います。そのため、別の出国先を見つける必要がありました。私の父には、アルゼンチンにいとこがいました。アルゼンチンへの入国は、非常に難しいものでした。なんらかの方法で農業と関連する仕事をしていることを証明する必要がありましたが、父は、もちろんそれを証明することはできませんでした。父は、まったくの実業家だったのです。つまり、アルゼンチンへの道は絶たれました。どのような経緯でこのアルバニア行きの可能性が浮上したのかは定かではありませんが、ブリッジ・パーティーで母がアルバニアの大使館員に会ったと聞いています。その会話の中で、大使館員が近々結婚しスイスへのハネムーンを希望していることが話題になりました。私の両親とメイヤー家がこの大使館員に少しのお金を貸し、彼は見返りとして、いえ、おそらく見返りではなく、この大使館員は、実際に、そして公式にアルバニア行きのビザを発行できたのだと思います。この行為が賄賂であったかのように言いたくありません。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.