証言者の歴史

ジョン・ドリボワ

ジョン・ドリボワは、1931年、13才のときにアメリカ合衆国に移住しました。大学を卒業した後、ドリボワは米陸軍の第16機甲師団に入隊しました。ドイツ語能力が評価され、軍事諜報部に加わりました。この任務のため、彼は第二次世界大戦の終焉間際にヨーロッパへ戻ることになりました。ドリボワは、戦後の戦犯裁判に備えて、ナチス指導者をはじめとするドイツ軍捕虜に対する尋問を行いました。彼は、後に出身地であるルクセンブルク米国大使に任命されました。

謄本

しかし難しかったのは、そしてリッチーでの訓練中に強調されたのはこの点だったと思うのですが、個人的に関わったり同情的になったり、まして理解さえ示してはならない、ということでした。ボディーランゲージでも、同意しないよう努めました。彼らが重要な論述をした場合も、決してうなずいてはなりません。彼らに「彼は私に同意している。彼が私の立場にいたら、きっと同じことをしていただろう。」と思わせるかもしれないからです。彼らのしたことや信念を受け入れたと思わせるようなことは避けなければなりません。例えば「彼は敵ではあるが、私に同意している。私の話にうなずいたし、話を聞いて微笑んだのだから。」と思わせてはなりません。非人間的で無表情になり、彼らが話したり行ったことに対して何の感情も表に出さないという訓練が必要でした。彼らと話す際にはボディーランゲージが非常に重要だったのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.