証言者の歴史

ジョン・ドリボワ

ジョン・ドリボワは、1931年、13才のときにアメリカ合衆国に移住しました。大学を卒業した後に、ドリボイは米陸軍の第16機甲師団に入隊しました。ドイツ語能力が評価され、軍事諜報部に加わりました。この任務のため、彼は第二次世界大戦の終焉間際にヨーロッパへ戻ることになりました。ドリボワは、戦後の戦犯裁判に備えて、ナチス指導者をはじめとするドイツ軍捕虜に対する尋問を行いました。彼は、後に出身地であるルクセンブルク米国大使に任命されました。

謄本

このギルバートが到着... ダグラスが到着し、刑務所専属の精神科医で、従来はある機関で、確かドレクセル研究所だったと思いますが、働いている男が捕虜の検査にやってきました。しかし、彼らを理解する助けになるので、この情報は裁判所にとっても有用でした。ですから、この刑務所専属精神科医は非常に重要な人物でした。残念ながら、彼はドイツ語を話すことができませんでした。そこで、大学で心理学を専攻した私が専門用語を理解していることが発覚すると、ロールシャッハ分析のための通訳に抜擢されました。私はその任務が好きでした。非常に楽しかったです。彼が質問をしたものを私が通訳し、答えを翻訳して伝えます。また、インタビューの後、私の思ったことを記すように言われました。「このことについて、どう思いましたか?」私は、捕虜の様子について思ったことを素人のレポートとして記述しました。精神科医は、それを自分の技術的および科学的分析と合わせ、非常に優れたレポートを作成しました。素人には彼のレポートを読むことができませんでしたが、レポートが科学的見地のみに偏ったものであったなら、おそらくそう立派なものにならなかったと思われます。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.