証言者の歴史

レイチェル・マッターパール・ゴールドファーブ

ドイツは、1941年後半、ドクシツイにユダヤ人街(ゲットー)を建設しました。レイチェルは、1942年ゲットーの解体時に、隠れ、母親と共に別のゲットーへ逃げました。2か所目のゲットーが解体される直前、彼女たちは再び逃げました。レイチェルと母親は、森の中でパルチザンの一団に加わりました。母親を手伝って料理だけではなく武器の洗浄も行いました。レイチェルと母親は、終戦と同時にヨーロッパを去ろうとしました。1947年、ついに米国に移住しました。

謄本

私たちが参加したパルチザンのグループは、森のはずれを拠点としていました。メイングループではありませんでした。基本的には、通信つまり列車輸送を妨害していました。出て行って一部の線路のボルトを緩め、列車が通れないようにしました。戦線への輸送を妨害し、銃弾を積んだ数車両を爆破することもありました。これは、報復の可能性があるため、疑いを持たれないような方法で、事故とみなされるような方法で行う必要がありました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア