証言者の歴史

ロシェル・ブラックマン・スリヴカ

1941年6月にドイツがビリニュスを占領し、10月に、ロシェルと家族はビリニュスのゲットーに監禁されました。このゲットーでロシェルの母親は亡くなりました。ユダヤ人評議会のメンバーであったロシェルの父親は、エストニアの収容所で殺害されました。1943年にゲットーが廃止されると、ロシェルと妹は、まずラトビアのカイザーヴァルト収容所に送られ、その後、ダンツィヒ近郊のシュトゥットホーフ強制収容所に移送されました。1945年の死の行進で裸足の足を布で保護して行進した姉妹は、6週間目にソ連軍に解放されました。

謄本

1941年のユダヤ教の祝日の直前に、ナチスの親衛隊は私たちの街、ビリニュスにゲットーを建設することを決めました。街には、大勢のユダヤ人が居住していた貧しい地区がありました。この地区には、ユダヤ人用の老人ホーム、ビリニュスで一番大きなシナゴーグ、孤児院、ユダヤ人用の病院もありました。そして、この地区の周辺には多数の貧しいユダヤ人が住んでいたのです。ある晩、リトアニア人とウクライナ警察に支援されたナチスの親衛隊がやってきて、この地区のすべてのユダヤ人を連れ出し、ビリニュスの郊外にあるポナリという場所に車で移送すると全員を射殺したのです。その晩、叫び声、怒鳴り声、泣き声が聞こえましたが、窓から外を覗いたら銃で撃たれるので窓から外を見ることはできませんでした。何が起こっているかは、次の日に近所の人が教えてくれるまで知りませんでした。私たちには、その地区に住んでいる親類がたくさんいました。母のいとこを始めとして母の親戚は全員その地区に住んでいたのです。この出来事の2週間後に、街とその周辺からユダヤ人全員を捕まえると、塀で囲まれ、警備が監視するこのゲットーに入れました。このゲットーでは、2〜3家族が2部屋のアパートに住まなくてはなりませんでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.