証言者の歴史

サム・スピーゲル

1942年に、サムは自分の住む町のゲットーに強制的に収容され、軍需工場での作業を課されました。 1944年に彼はアウシュビッツに移送され、列車工場で強制労働させられました。 彼は、ナチスがアウシュビッツを退去した後の8日間の死の行進を生き延びました。 彼は1945年1月にソ連軍によって解放されました。その後はドイツの難民キャンプに住み、そこで国連救済復興機関のために働きました。 1947年に彼は米国に移住しました。

謄本

私は今でも何度も、なぜ自分が、なぜ自分の家族の中で自分だけが生き延びたか考えるのです。 私はその疑問に答えることができません。 しかし、我々が生き延びることができたのは、我々が非常に若かったからです。 年配の、より多くの経験を積み、人生に関するより多くの知識を持った人々の多くは、自殺を図るか、耐えることができなかったのです。 しかし我々若者は、助け合って生き延びたのです。 我々にとって人生は始まったばかりで、これはいつか終わらせなければならないものと信じていました。 戦争は、永久に続くことはないと知っていたのです。 そしてまた、誰かが生き延びて、あの地獄で起きていたこと、これらの収容所やその他のあらゆる場所で実際に起こっていたことを伝えなければならないと、約束し合ったのです。 ほかに誰が伝えることができるでしょうか。今では最も若かった人たちがすでに私の歳に近づいているのですから。 そして短期間に、我々のうち、特にそこにいた証人たちのほとんどは、この世を去ってしまうのです。


詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.