証言者の歴史

スティーブン・スプリングフィールド

ドイツは、1941年にリガを占領すると、ユダヤ人をゲットーに監禁しました。1941年の末に、このゲットーの約2万8,000人のユダヤ人がルムブラの森で虐殺されました。スティーブンと弟は、健常な男性用の小さなゲットーに送られました。1943年、スティーブンは、カイザーヴァルト収容所とその近くにあった強制労働所に移送されました。1944年にシュトゥットホーフに移送され、造船会社で強制労働させられました。1945年に、スティーブンと弟は、死の行進を生き延び、ソ連軍に解放されました。

謄本

私たちを収容所から出すように指令が来ました。ソ連軍が明らかに近くまで来ていたからです。これは、1944年から1945年にかけての非常に寒い冬でした。私たちは、ドイツの田舎を歩くように追い立てられました。寒くて、雪が降っていました。弟は、ほとんど歩けなくなっていました。私は、できる限り弟を支えて歩きました。あまりにつらくなったので、弟は、死なせてほしいとせがみました。弟は、「死なせてほしい、これ以上がまんできない。死にたい。自分をここにおいていってほしい。」と言いました。もし、私が弟を残していったら、弟はその場所で射殺されることがわかっていました。行進についていけない人々はその場で射殺されていったからです。自分が歩いている道の両側には、死体がいたるところにありました。それは本当に死の行進だったのです。私はどうしてもあきらめることができませんでした。私には、弟を残していくことはどうしてもできませんでした。私は弟を担ぎ、引きずって歩きました。私は、弟に 「もうすぐに助けられるから、今あきらめるわけにはゆかない、ここであきらめるな」と言い続けました。このようにして、私は、ポメラニア東部にあるゴッテンドルフにある次の収容所まで弟を引っ張っていくことができました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.