証言者の歴史

トーマス・バーゲンソル

トーマスの家族は1938年にジリナに引っ越しました。ユダヤ人に対するスロバキアのフリンカ警備隊による迫害がエスカレートしていく中で、家族はその土地を離れることを決心しました。 トーマスと彼の家族は最終的にポーランドに入国しましたが、1939年9月のドイツ軍の侵略により、イギリスに渡ることはできませんでした。 家族はキェルツェに行き着きましたが、そこでは1941年4月にゲットーが設立されました。キェルツェのゲットーが1942年8月に廃止されたとき、トーマスと彼の家族は同じ月に行われたトレブリンカへの移送を逃れました。 彼らは代わりに強制労働収容所に送られました。 彼と彼の両親は、1944年8月にアウシュビッツに移送されました。ソ連軍が1945年1月に進軍してくると、トーマスは他の収容者たちと共にアウシュビッツからの死の行進を強いられました。 彼はドイツにあるザクセンハウゼン強制収容所に送られました。 ソ連軍が1945年4月にザクセンハウゼンを解放した後、トーマスは孤児院に収容されました。 彼は親戚に探し出され、ゲッティンゲンで母と再会しました。 彼は1951年に米国に移住しました。

謄本

ポーランドを離れることは、容易ではありませんでした。 私は何の書類も保持しておらず、母はそのときドイツの英国管轄地域にいたのです。 ですから、アメリカ・ユダヤ人共同配給委員会が1946年12月に私をポーランドからチェコスロバキアへ、チェコスロバキアから米国管轄地区へ、そして米国管轄地域からドイツの英国管轄地域へと密に移動させてくれて、母との再会を果たしたのです。 合同流通委員会はブリハー(飛行)と協力し、国境で多くの人々を買収しなければなりませんでした。 こうして私は46年にドイツに到着したのです。それは、母と離ればなれになってから3年後のことでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.