証言者の歴史

ティナ・ストロボス

ティナは1940年5月にドイツ軍がオランダを侵略したとき、医学生でした。彼女と女子学生クラブのメンバーたちは地下組織に加わり、戦争が始まったときからユダヤ人を自宅に匿ってきました。 ティナはユダヤ人の子供たちのために隠れ場所を見つけ、パスポートを偽造し、地下組織の秘密工作員として活動しました。

謄本

我々が人々を匿い始めたとき、ゲシュタポが来たときには彼らが逃げる手段が必要であると気付きました。 そこで、1階にドアを開けるための電動ボタンを取り付けて、壁の窓から階下の1階のドアを見て、誰が来たのかわかるようにしたのです。次に、3階にはアラームベルを取り付け、3階の人たちが窓から脱出して雨樋をつたわり、私の家につながっている学校の裏側の屋根裏に行くことができるようにしました。 敷地には2つの区域があり、表側は学校で、翼を経由して、裏側には中庭の後ろに学校があり、そこには我々が利用できた屋根裏があったのです。 ですから、彼らはそこに行って隠れることができたのです。 そしてそれが我々の逃避経路でした。 そして我々は、窓から出てそこに静かに、迅速にたどりつけるようにリハーサルをしたのです。 そしてある時、ある男性が来て、こう言ったのです。「私は地下組織から送られた大工です。」 そして彼は道具を持っており、とても正直で頼りになりそうな人だったので、彼を信頼したのです。 私の母が尋ねました。「この人知っているの?」 私はこう答えました。「知らないわ。でも隠れ場所を作ってもらいましょう。」 そして彼は素晴らしい隠れ場所を作ってくれました。私が家に戻ったとき、見つけるのが非常に難しい隠れ場所でした。 ただ、あまり多くの人は入れませんでした。2、3人がようやく座れる程度の場所です。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.