証言者の歴史

ロバート・パットン

ノースカロライナ州チャペルヒル市出身のロバート・パットンは、第65歩兵師団に属していました。

謄本

マウトハウゼンにも、第65師団は大きく関わっていました。それは、終戦直前のことでした。 我々は、解放時は実際には第11機甲師団に配属されていました。 我々は第11機甲師団に属していたわけではありませんでした。私はマウトハウゼンについての文献をかなり多く読んできました。というのも、私は解放された次の日にマウトハウゼンに行く機会があったからです。そのとき米軍兵士は誰もいなかったのです。 我々は思いがけず収容所内を見て回り、くだけた英語を話す収容者に案内してもらうことができました。 私はそこですべての細部を見たのです。細かいことまでとてもよく覚えています。火葬場の火炉、ガス室、収容所の配置、人々、死者のこと。後日私はそこを再び訪問したのですが、そのときに収容所の細部まで自分が非常によく覚えていたことに驚きました。 我々はそこで2、3時間過ごしました。 我々はジープとジープの運転手を残しておかなければなりませんでした。我々が戻る前に、誰かにジープを奪われてしまうことを恐れたからです。 私の記憶に関して驚いたことは、そこを1990年に訪ねたとき、すみません、2000年に訪ねたとき、ガイドさんと一緒に歩いていたのですが、そこには美しい緑の広場があったのです。そして私は言ったのです。「理解できません。ここは約1エーカーの緑の広場じゃないですか。理解できません。ここには何もなく、標示も何もありません。」そして彼女は尋ねました。「なぜそのようなことを聞くのですか?」私は答えました。「私がここに来たときは、2つの穴があり、この広場全体に死体が並んでいました。そして死体は覆われておらず、野ざらしになっていたのです。」 そして私は言いました。「理解できません。ここには標示も何もないじゃないですか。」さらに尋ねました。「ここにはまだ人々が埋葬されているのですか?」 彼女は答えました。「はい。」 私は次に尋ねました。「何人くらいの人々がここに埋葬されているのかご存じですか?」 彼女は答えました。「我々の推測では、この1エーカーの広場に10,000人が埋葬されています。」


シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.