証言者の歴史

ヴラジュカ(フェジェラ)ペルテル・ミード

ヴラジュカは、ツークンフト青年運動同盟(ユダヤ人社会主義政党)に属していました。彼女はユダヤ人戦闘組織(ZOB)のメンバーとして、ワルシャワのゲットーの地下組織で活動していました。1942年12月に、彼女はワルシャワのアーリアンとポーランド側地区に脱出し、武器を入手して、子供と大人のための隠れ場所を探そうとしました。彼女はユダヤ人地下組織と、収容所、森、および他のゲットーにいるユダヤ人のための秘密工作員となりました。

謄本

ほんとうにすべてが終わってしまったかのように感じました。これですべてが終わったというような感じでした。自分のことは考えませんでした。自分が生き残るかとか、自分の人生は続くかとか、出会いがあるかとか。すべてが終わりという感じでした。今でも時々、なぜ自分は後に残ったのか、なぜ自分はあそこにいなかったのか自分自身に怒りを感じます。私はあそこにいなければならなかったのです。ここは、彼らとひとつになれるところでした。私は、いつも彼らといっしょでした。私は、彼らのためだけに生きていたので、私にとってはすべての終わりだったのです。もちろん、ポーランド人の子供として生き、周りから、そこにいた人々がそういう風に終わったことをよかったと、少なくともドイツがこういう風に彼らを処理したのはよいことだったと聞いたときに非常に痛々しく思いました。すべてのポーランド人がそんな風ではありませんでしたが、そういう声も聞こえてきました。ゲットーの塀の周りでその中で何が起こっているかに同情しないまでも、長年にわたる自分たちの隣人だった人たちです。長年にわたっての知り合いで、隣に住んでいた人々のすべてが炎を上げ煙となるのを見ても連帯感、痛み、慈悲を感じていないことを見て 心が痛みました。とても痛みました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.