アニメーションマップ

アウシュビッツ

アウシュビッツは、ナチスのヨーロッパにおけるユダヤ人虐殺計画、「最終解決」において中心的役わりを果たしました。ナチスは、ヨーロッパの全ての周辺国から、占領下ポーランドの絶滅収容所であるアウシュビッツ第二収容所(ビルケナウ)に、ユダヤ人を強制移送しました。全体で、少なくとも110万人のユダヤ人と何万人もの他の人々がアウシュビッツで死亡しました。

謄本

その勢力の絶頂時において、ドイツはヨーロッパ大陸の大部分を支配していました。

ナチスは占領下ポーランドに6つの絶滅収容所を建設しました。アウシュビッツはその最大のもので、クラコフの西37マイル(約59km)、戦前のドイツ・ポーランド国境の近くにありました。

アウシュビッツの複合施設は3つの中心的なキャンプから構成されていました。第一収容所は集結のために、第二収容所(ビルケナウ)は絶滅収容所として、そして第三収容所(モノビッツ)は強制労働キャンプとして使われました。

アウシュビッツを取り巻く地方には下部的なキャンプが巨大なシステムとして設置され、囚人達は様々な工場や産業で強制労働をさせられました。

1942年に、ナチスはユダヤ人のアウシュビッツへの組織的な強制移送を始めました。ヨーロッパのドイツ占領下にあるあらゆる近郊方面から列車が毎日到着しました。

新しく到着した人々は、その多くが強制労働に適さないので直ちにガス室に送れという親衛隊スタッフの布告の内に「選別」されたのでした。

1943年と1944年の間に、4つの大きなガス室と遺体焼却路が、ほとんど休むことなくアウシュビッツ・ビルケナウで稼働されていました。

1944年10月に、ガス室から身体を移動するように強制された何百人かのユダヤ人の囚人達が、遺体焼却炉で反乱を起こしました。

彼らは第四遺体焼却炉と隣接しているガス室を爆発させ、数人の護衛兵を殺しさえしました。

親衛隊は迅速に反乱を鎮圧し、囚人達を殺し、後に反乱の際に使われた銃の火薬をこっそり持ち込んだ強制労働に従事していた4人の女性を公開絞首刑に処しました。

1944年の終わりごろ、親衛隊は大量殺人の証拠を隠滅するために、囚人達に残っていたガス室を取り壊し爆破するように強制しました。

ソ連軍が1945年1月にアウシュビッツ収容所に向けて進軍していたころ、親衛隊は6万人の囚人に収容所から出てドイツ内に死の行進に加わることを強制していました。

1月の終わりに、ソビエトがアウシュビッツを解放した時には、数千人の痩せ衰えた囚人達だけが生き残っていました。

110万人を超えるユダヤ人が、数万人に上るポーランド人クリスチャン、ロマ民族(ジプシー)、ソビエト人戦争捕虜の人々と同様に、アウシュビッツで殺されました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

Share This