アニメーションマップ

レジスタンス

ナチスの脅威に直面した多くのユダヤ人はドイツ人とその協力者に抵抗しました。 ナチス占領下の東欧の100を超えるゲットーで地下抵抗運動が起こりました。 また、劣悪な条件下、ユダヤ人の囚人はナチスの収容所で暴動を起こし、 フランス、ベルギー、ウクライナ、ベラルーシ、リトアニア、ポーランドではユダヤ人レジスタンス組織が活動しました。 また、フランスやイタリア、ユーゴスラビア、ギリシャ、ソ連の一般のレジスタンス組織でもユダヤ人は戦いました。 ナチスドイツに対するユダヤ人の抵抗は、武装し、組織化されたレジスタンス運動として端的に現れましたが、レジスタンス運動には同胞の逃亡や隠匿、文化的活動、精神的な支えなどの活動も含まれていました。

謄本

ナチスドイツによるヨーロッパ支配の真只中においてさえ、多くのユダヤ人は命を賭けてナチスによる迫害に抵抗したのです。

ナチス占領下のヨーロッパ全域のゲットーで、ユダヤ人は、精神的抵抗と共同体と文化的生命の保護を通じて、ナチスから蒙った屈辱と非人道的行為に抵抗しました。

彼らは秘密裏に宗教儀式を執り行い、学校や図書館を設立し、秘密出版、講義、公演を通じて文化的伝統を守りました。

芸術や文書の秘密の保管庫には、一部のゲットーの状況が記録されました。

偽造者や密輸業者の地下ネットワークが、ゲットーやヨーロッパ全域に隠れている人々の命を救う公文書や食べ物を提供しました。

しかし、ナチスドイツに対するユダヤ人の抵抗は、組織化された武装レジスタンス活動として現れました。

西欧では、ユダヤ人ゲリラが危機にさらされた人々を安全な所へ秘密裏に逃すだけでなく、潜伏している人々を支援しました。

また、ユダヤ人以外のレジスタンス組織にも参加してドイツ軍の作戦の破壊工作に従事しました。

地元住民からの支援はほとんどなく、ましてや温かな歓迎など皆無でしたが、100を超えるゲットーで武装レジスタンス組織が形成されました。

1943年4月、不十分な数の銃とメンバーを確保できたワルシャワのユダヤ人は、それまでのゲットーで最大の暴動を起こしましたが、 ほぼ1か月後に制圧されました。

ユダヤ人はゲットーで、および近隣の森に潜伏しながらナチスドイツと戦いました。

多くの場合、レジスタンス組織のメンバーは東欧のゲットーの外側のパルチザン組織にも参加していました。

ナチスドイツの収容所でも囚人が暴動を起こし、その中には、トレブリンカ、ソボビル、アウシュビッツ・ビルケナウ絶滅収容所の1943年から1944年までに発生した暴動が挙げられます。

このように不屈の精神と活動をもってしても、ナチスドイツのユダヤ人殺戮計画を阻止することはできませんでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

Share This