歴史映画の場面

キェルツェのポグロムの余波

ポグロムは、1946年7月にポーランドのキェルツェで発生しました。この事件で42人のユダヤ人が殺害され、約50人が負傷しました。 この事件はポーランド、および東ヨーロッパ、中央ヨーロッパ諸国の数十万のユダヤ人の大量移住のきっかけとなりました。 この短い映像は、ポグロムの生存者であるユダヤ人難民が、ポーランドを去り、チェコスロバキアに渡ろうとしている様子を示しています。

謄本

1946年7月、ユダヤ人は生き延びるために再び逃亡しなければなりませんでした。 キェルツェの町で、ファシストの地下組織が41人のユダヤ人を殺害したのです。 小さな流れが小川となり、小川が洪水となっていきました。 十人、百人、千人、そしてまたたく間に数十万人の人々が、国境線にたどり着こうと逃亡していきました。 その難民の半数は、自分たちの生活を再建しようとその春にロシアからポーランドに戻ったばかりのユダヤ人でした。 チェコ政府は迫害された人々を救済するための通過許可を与えましたが、JDC[アメリカ・ユダヤ人共同配給委員会]にチェコスロバキアからオーストリアに渡り、ドイツ国内の安全なアメリカ地区までたどり着くために難民を援助する義務がふりかかっていたのです。


  • National Center for Jewish Film

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.