歴史映画の場面

クロアチアのファシスト指導者、アンテ・パヴェリッチ

アンテ・パヴェリッチは、1941年から1945年までクロアチアでドイツを支持する政府を率いたクロアチアのファシスト指導者でした。撮られたドイツのニュース映画では、パヴェリッチが彼を崇拝する群衆の間を歩き、部隊を閲兵する様子が示されています。パヴェリッチの統治の下、クロアチア政府は何十万人ものセルビア人、ユダヤ人、ロマ族(ジプシー)を殺害しました。パヴェリッチは戦後アルゼンチンへ逃亡し、1959年に、その2年前の暗殺未遂で受けた怪我のため死亡しました。

謄本

クロアチアの国家元首である [アンテ・] パヴェリッチは、解説者に自分はこの領土の庶民を圧政から解放して宗教的自由をもたらした擁護者であると説明しています。クロアチアはカトリック教徒が圧倒的に多い国ですが、ここにはキリスト教正教徒も多くいます。その支持とボスニアの支持、また昔からキリスト教正教徒が多いセルビアの支持を得ようと、パヴェリッチはクロアチア正教会を設立しました。ウスタシャの部隊ブラック・リージョンに入隊した数千人の新兵がテロリスト集団を抑圧するという大儀の下に忠誠の誓いを立てていると解説者は述べています。パヴェリッチのエリート親衛隊であるウスタシャは、その集団の腐敗から崩壊しており、ドイツ人にも不評だとしています。これが武装部隊であるブラック・リージョンが目立つ理由である可能性があります。


  • National Archives - Film
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.