歴史映画の場面

アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がアインザッツグルッペンの隊員に対する訴訟を開始する

ニュルンベルグの国際軍事裁判で主要戦争犯罪人の裁判が行われた後、米国はニュルンベルグにて他の一連の戦犯裁判を行いました。これはニュルンベルグ継続裁判と呼ばれています。 ニュルンベルグの米国軍事法廷で行われた第9裁判では、東側前線のユダヤ人をはじめとする人々を殺害する任務を与えられたアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)の隊員に焦点が当てられました。 この映像は、米国の検察官ベン・フェレンスがこの訴訟の冒頭陳述において裁判の目的を述べている様子を示しています。

謄本

検察官は陳述を始めてください。 [米国検察官ベン・フェレンツ]: これは、不寛容と傲慢さを象徴する計画行為が悲劇的に遂行されたものです。 我々の目標は報復ではなく、単に懲罰を求めることでもありません。 我々はこの法廷に対し、国際刑事判決に従って、人種や信条にかかわらず、平和と尊厳のもとに生きる人間の権利を肯定することを求めます。 この訴訟は、法に則った人道上の罪状認否を求めるものです。 我々は、10年間にわたる第三帝国の暗い統治下のもとではありえなかった事実を、疑う余地なく確立することを望んでいます。 これらの被告人が犯した虐殺は、軍事的必然性によるものではなく、思想、つまり、最も優れた人種に関するナチスの理論の極度な悪用によるものであったことを報告書により示していきます。 これらの軍人の行為は、ナチスが非難の対象と考えた、民族、国家、政治、および宗教のグループを破壊するための長期計画の組織的な執行であったことを我々は立証していきます。 すべての範疇に及ぶ人間の絶滅を意味するジェノサイドは、ナチス教義における最も重要な手段となっていました。


  • National Archives - Film
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.