歴史映画の場面

アウシュビッツの解放

アウシュビッツ収容所に到着した犠牲者たちは、すべての所持品を手渡すように強制されました。 収容者の所持品は、定期的に梱包され、ドイツに輸送されて、市民に配給されたか、ドイツの産業のために使用されました。 アウシュビッツ収容所は1945年1月に解放されました。このソ連軍の映像は、アウシュビッツ絶滅収容所に移送された人々の所持品を市民やソ連軍の兵士たちがより分けている様子を示しています。

謄本

ナチスは女性を殺害する前に、髪の毛を剃りました。 大量の
髪の毛が袋に詰められました。 20キロ、22キロの原材料
がドイツの工場に送られたのです。 7千キロの髪の毛、
それは140,000人の殺害された女性のものでした。 ファシストは死人を使って取引をしたのです。 彼らは
人骨の肥料を製造し、ストレンにある会社に届けました。
彼らは国営化された室内装飾産業の工場に髪の毛を売却
したのです。 同産業の別の部門のために、追いはぎたちは死体の口の中から
義歯を取り出し、金歯を集めました。 これらの
すべての戦利品は、35もの倉庫に格納されました。 これは、眼鏡が格納された
倉庫です。 収容者の10人に一人が眼鏡をかけて
いたとしても、これだけの眼鏡を集めるのにどれだけの人を殺害しなければならなかったのでしょうか。
死人の服や下着もあります。 ドイツの誰が、殺害された幼児の
服を着るのでしょうか。 この大量の服、この
小さなワンピース、514,843着の男性、女性、子供の服が
集められました。


タグ


  • National Archives - Film
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.