歴史映画の場面

ヨーロッパのユダヤ人を救済するための追悼ショーの呼びかけ

ナチスによるヨーロッパのユダヤ人殺害のニュースがアメリカに届くと、ヨーロッパのユダヤ人の救助を求める声がルーズベルト大統領府に押し寄せるようになりました。 その動きに拍車をかけて、劇作家のベン・ヘクトがナチスの迫害によるユダヤ人犠牲者を追悼するために、「We Will Never Die(決して死なない)」を書き上げました。 シオニスト修正主義者ベルクソン・グループが主催したこの追悼ショーは、ニューヨーク市のマジソン・スクエア・ガーデンで行われた集団デモと共に行われました。 その後、他の米国の都市でも、このショーはヨーロッパの残留ユダヤ人を救済するようワシントン政府に圧力をかけるためのベルクソン・グループ運動の一環として開催されました。

謄本

「We Will Never Die(決して死なない)のショーは、ナチスの大量殺人に対する
ニューヨークのユダヤ人の抗議です。 ルブリンでは、5百人のユダヤ人女性と
子供たちが市場に連れ出され、いつも目にする
野菜の露台の横に立たされました。 ここで、ドイツ人が銃を向け、
我々全員を銃殺したのです。 私たちのことを忘れないでください。 [ナレーター:] そして
ポール・ムニが無力な人々に対するナチスの犯罪を訴え、
劇的な抗議が行われます。 [ムニ:] ヨーロッパには、4百万人の
ユダヤ人が生存しています。 ドイツ人は、今年の終わりまでに、4百万人のユダヤ人
死者をクリスマスの贈り物として世界に届けることを約束
しました。 これはユダヤ人の問題ではありません。 これは、人道に反する
問題であり、人間の魂への挑戦です。
[ナレーター:] それでは2百万の人々に捧げる歌をお聞きください。 [音楽]


タグ


  • University of South Carolina Newsfilm Archive
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.