歴史映画の場面

ベルリンオリンピック

1936年の夏季オリンピックはベルリンで開催されました。2週間にわたり、オリンピックの開催中、アドルフ・ヒトラーは反ユダヤ主義と拡大主義の政策を隠そうとしました。オリンピックのためにドイツに来た多くの外国人訪問者に良い印象を与えるために、ヒトラーは反ユダヤ活動を一時的に緩和することを許可しました(公衆の場へのユダヤ人の立ち入りを禁止する看板さえ取り除きました)。オリンピック大会ではナチスのプロパガンダは大きな成功を収めました。彼らは平和で寛容なドイツのイメージを外国の観客に印象付けたのです。また、1936年のオリンピック大会では、火がついた聖火をギリシャのオリンピアからオリンピック大会開催地まで運ぶ聖火リレーが導入されました。この映像には、この新しい儀式の始まりの様子として聖火ランナーが聖火を持ってオリンピックスタジアムに入る場面が映っています。何百人もの選手たちが、開催式の式服でチームごとにアルファベット順でスタジアムに行進して入場しました。アドルフ・ヒトラーはオリンピック大会開催式の主宰を務めました。

謄本

  • Fox News
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.