歴史映画の場面

医学訴訟で人体実験の犠牲者が証言する

医療訴訟はニュルンベルグ継続裁判の一部として米国軍事法廷で行われた12の戦犯裁判の1つでした。 この訴訟では、ドイツ人の身体障害者や精神障害者の殺害に加担したり、強制収容所の収容者に人体実験を実施した医師や看護師が裁判にかけられました。 ここでは強制収容所で行われたこれらの人体実験の犠牲者であり、生き延びることができたマリア・カズミエルチャクとヤドヴィガ・ジードウが彼らの傷跡を証拠として法廷に示しています。

謄本

  • National Archives - Film

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.