歴史映画の場面

医学訴訟で人体実験の犠牲者が証言する

医療訴訟はニュルンベルグ継続裁判の一部として米国軍事法廷で行われた12の戦犯裁判の1つでした。 この訴訟では、ドイツ人の身体障害者や精神障害者の殺害に加担したり、強制収容所の収容者に人体実験を実施した医師や看護師が裁判にかけられました。 ここでは強制収容所で行われたこれらの人体実験の犠牲者であり、生き延びることができたマリア・カズミエルチャクとヤドヴィガ・ジードウが彼らの傷跡を証拠として法廷に示しています。

謄本

これはふくらはぎに滑らかな曲線をもたらすひらめ筋です。 足に沿って、これが外側、これが内側の筋肉です。 外側の筋肉は、滑らかな通常の曲線をもたらしています。 次に、神経の検査をします。 これを試してみていただけますか。 患者は足首を完全に曲げて、足を上げることができません。 反対側を試してみてください。 意味を理解していることを示していただけますか。 このようにです。上に上げてください。ここで試してみてください。結構です。背屈が完全に失われています。

このX線写真を告発証拠物件番号215として提出いたします。

[ヤドヴィガ]ジードウさんの訴訟における最も顕著な検査結果は、まず、右足の腿から足の先までがかなり萎縮していることです。 起立して、ゆっくり後ろ向きになっていただけますか。 できるだけゆっくり回ってください。 ここで2本の足を比較すると、かなり萎縮している様子がわかるはずです。 もう一方の足と比較すると、こちらの足はこの骨の大腿骨が見えて、腱がありません。 ここにはこの腱が見えますが、こちら側には強靱な腱がありません。 ... ここは青く変色しています。おそらく血管を失ったことで、足の血液の循環が損なわれていることを示しています。


  • National Archives - Film

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.