歴史映画の場面

ヴィドクン・クヴィスリングの戦犯裁判

1930年代のノルウェーで、ヴィドクン・クヴィスリングはファシズム国民連合党と呼ばれるナチスびいきの政党を設立しました。 ドイツ軍が1940年にノルウェーを占領すると、クヴィスリングはノルウェー政府に対してドイツを支持するクーデターを試みました。 彼は1942〜1945年の間、ドイツを支持する政治を行ったのです。ドイツのためにノルウェーを裏切ったクヴィスリングの名前は、すべての協力者や裏切り者のレッテルとして使われるようになりました。 第二次世界大戦後、ノルウェー当局はクヴィスリングを逮捕し、反逆罪の罪で裁判にかけて有罪の判決を下しました。 クヴィスリングには死刑の判決が言い渡されました。

謄本

ノルウェーのオスロにある警察裁判所にヴィドクン・クヴィスリングが姿を見せ、
命乞いをしたのです。 戦争の最も悪名高き裏切り者の一人が、
裁判官の入場と共に、自分の犯した犯罪の懲罰に直面し、
主要戦犯の最初の予審が開始されました。 [音楽]
ナチスのためにノルウェーを裏切った「裏切り者」と同義となった
クヴィスリングが、自分に対する訴訟を受けます。 かつて
傲慢で残酷であったこの男は、恐れの表情を見せています。 ナチズムが
消滅した世界には、ヴィドクン・クヴィスリングの居場所はもはやありません。


  • National Archives - Film

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.