バルバラ・レーデルマン

バルバラ・レーデルマン

生まれました: September 4, 1925

ドイツ、ベルリン

バルバラはユダヤ人家庭の2人姉妹の長女として、ドイツの首都ベルリンに生まれました。バルバラの父は立派な弁護士でした。バルバラが歩けるようになると、父はベルリン中を連れ歩き、ベルリンの名所を見たり美術館をめぐったりしました。バルバラは乗馬が好きで、ダンサーになるのが夢でした。

1933年〜1939年:1933年1月にナチスが政権を握ると、法律によって父はユダヤ人以外の顧客を弁護することが禁止され、弁護士事務所はすぐに倒産しました。その年の後半、私が7歳のときに、母の親戚が住むオランダに移住しました。私はアムステルダムで学校に通い、短期間でオランダ語を学びました。大きな家に住んで召使を雇うことはできなくなったものの、ベルリンほど雰囲気が格式張っていないアムステルダムが好きでした。

1940年〜1944年:1940年5月、ドイツがオランダを占領しました。その2年後に、多くのユダヤ人の移送が始まると、ボーイフレンドのマンフレッドから「強制労働収容所」への移送は実際には死を意味すると聞かされました。彼は私と私の家族のために偽造した身分証明書を入手し、私に「召集されても絶対に行かないように」といいました。「私が行かなかったら両親はどうなるの」と聞くと、「君が行ってもいかなくても、なるようにしかならない」と答えました。「どういうこと?」と聞くと、彼は「行った人は全員殺される。みんな死ぬんだ」といいました。

バルバラは、1945年5月にカナダ軍によってアムステルダムが解放されるまで、潜伏生活を続けました。そして、1947年11月に米国に移住しました。