ベンジャミン・ソップ

ベンジャミン・ソップ

生まれました: March 2, 1919

オランダ、アムステルダム

家族や友人に「ベノ」と呼ばれたベンジャミンは、アムステルダムの信心深いユダヤ人家庭に育ちました。ベノの父親は、ダイヤモンド加工業者として成功し、アムステルダムのユダヤ人コミュニティの長でした。ベノには2人の妹がおり、切手を集めることが趣味でした。

1933~39年: ベノは百貨店で仕事の経験を積んだ後、父親のダイヤモンド事業を手伝うようになりました。ベノはユダヤ教の戒律を厳密に守っていました。テニスとスキーを愛したベノは、1938年、スイスでスキーを楽しんでいる時にひとりの少女と出会い、恋に落ちました。ヨーロッパの状況がユダヤ人にとって悪化していると感じた彼女の家族は、1939年にオランダを離れ、米国に渡りました。

1940~41年: ベノの彼女がオランダに戻り、1940年10月に2人は結婚します。新婚の2人は、パレスチナで農業の訓練を受けていたユダヤ人難民を受け入れました。1941年6月11日、ゲシュタポが難民の下宿人を探してベノの家を訪れました。ドイツ人殺害の報復として、ナチスは外国のユダヤ人を一斉に検挙していました。ベノが対応すると、ナチは彼がユダヤ人であるかどうかも尋ねました。ベノがそうだと答えると、ナチは「お前も来い」と言いました。

ベノはオランダのスコールル強制収容所に移送された後、オーストリアのマウトハウゼン強制収容所に連れていかれ、そこで22歳という若さで亡くなりました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.