カイム・フレンケル

カイム・フレンケル

生まれました: November 2, 1927

ポーランド、ゴンビン

カイムは信心深いユダヤ人の両親のもとに生まれた7人兄弟の3番目でした。ワルシャワに近いゴンビンという町に住み、カイムの父親は帽子職人として働いていました。ゴンビンには、1710年に木造のポーランドで最も古いユダヤ教会堂の1つがありました。ゴンビンのほとんどのユダヤ人と同様に、カイムの家族もその教会の近くに住んでいました。3階建てのビルの最上階に一部屋を借りて、家族9人で暮らしていました。

1933~39年:1939年9月、私が12歳になる2か月前、ドイツ軍がポーランドに侵攻しました。ゴンビンでは10人が道で銃殺され、医師と教師は連行されました。頻繁にドイツを非難していた近所の人は逮捕されました。数週間後、その家族は彼の遺灰が入った箱を受け取りました。それから、ドイツ人たちはユダヤ人に対する恐怖政治を開始しました。教会堂や近くの家々にガソリンをかけて火を点けました。

1940~45年:14歳のとき、私は兄弟のシュムエルとヤコブと一緒に複数の強制労働収容所に連れて行かれました。食料は少なかったので、可能なときには食べ物を「工面」しました。収容所の外で働くときは、物乞いをしたり、ゴミ入れをあさったりしました。シュムエルは夜に収容所の柵の下をくぐり抜けて畑からキャベツを取ってきました。一度、少年5人が食べ物を「工面」した罪で絞首刑になりましたが、私たちは食べ物の工面を止めませんでした。ヤコブと私には唯一願い事がありました。それは、この戦争を生き延びてパンを手に入れ、テーブルに座ってお腹一杯食べることでした。

1943年、カイムはアウシュビッツに移送され、そこで17か月過ごしました。ドイツへの死の行進の後、1945年4月に彼は解放され、1949年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.