エウゲニウシュ・ローゼンブラム

エウゲニウシュ・ローゼンブラム

生まれました: October 16, 1923

ポーランド、ウッチ

エウゲニウシュの両親は1922年にソ連で結婚し、父親は織物工場を経営していました。「ブルジョワ」であることを理由にソ連で逮捕されることを懸念したエウゲニウシュの両親は、ポーランドに逃がれ、そこでエウゲニウシュが生まれました。

1933~39年:私は中等学校の生徒で、ポーランドの大学かパレスチナのヘブライ大学に入学する準備をしていました。1939年9月にドイツ軍によってウッチが占領され、私の就学は妨げられました。占領から1か月後、1人のドイツ兵が我が家にやって来て宝石類を盗もうとしました。我が家のレックスという名前のグレート・デーンが飛びかかりましたが、私が動かないようにレックスを抑えました。兵士は告発すると脅しましたが、私たちは告発しないように兵士を説得しました。レックスは、私たちの目の前で兵士に撃たれました。

1940~44年:1940年、ウッチのユダヤ人は強制的にゲットーに収容され、私の両親は2人ともそこで亡くなりました。20歳まで私は独りぼっちでした。1944年、私はゲットーに収容されている人たちと一緒に家畜運搬車に乗せられました。数日後、アウシュビッツに到着しました。2週間後にはダッハウ収容所に送られ、そこで敗血症を発症しました。医師から爪先を切断しなくてはならないと告げられましたが、手術が始まる直前に手術台から飛び降りて逃げ出しました。巨大な石を踏み付けると、幸運にも、足からすべての膿が流れ出て、快復することができました。

戦後、エウゲニウシュは米国に移住しました。70人いた親族の中で、生き残ったのは彼1人だけでした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.