フランコ・チェサナ

フランコ・チェサナ

生まれました: September 20, 1931

イタリア、ボローニャ

フランコは、北イタリアの都市、ボローニャに住むユダヤ人家庭に生まれました。1922年イタリアにファシスト党を率いるベニート・ムッソリーニが台頭した後も、ボローニャのユダヤ人達は安全な生活を続けていました。多くのイタリア系ユダヤ人と同様に、フランコの家族もイタリア社会に溶け込んでいました。フランコは公立の小学校に通っていました。

1933年〜1939年: フランコが7歳になったとき、ムッソリーニは、ユダヤ人に対して人種法を強制しました。フランコは学校から除籍され、代わりに、ボローニャのシナゴーグで間に合わせの宿舎に急いで組織されたユダヤ人学校へ行くことになりました。フランコは、なぜユダヤ人というだけで友達と別れなければいけないのか理解できませんでした。父親は1939年に死亡し、彼は母親と兄のレリオと共にトリノに移り、そこで宗教学校へ通い始めました。

1940年〜1944年: ムッソリーニ政権は1943年7月に崩壊しました。2か月後ドイツ軍がイタリアを占領し、フランコの家族や多くのイタリア系ユダヤ人が住む北部を制圧しました。イタリア人はユダヤ人をかくまっていましたが、いまやドイツがイタリアを支配するようになったのです。チェサナ一家は、山間部に隠れることにしました。ドイツを避けるために、一家は山小屋から山小屋へと移り住みました。レリオは「正義と自由」というパルチザングループに参加しました。わずか12歳でしたが、フランコも参加を決めました。彼は、たくさんのユダヤ人がイタリアのレジスタンス運動にかかわっているのを誇りに思っていたのです。

フランコは山間部での偵察任務中にドイツ軍に撃たれました。フランコの遺体は、13歳の誕生日に母親のもとに届けられました。フランコは、イタリア最年少のパルチザン員でした。