ハンス・ルーデルシェイム

ハンス・ルーデルシェイム

生まれました: 1922

オランダ、カンペン

ハンスはオランダの小さな町カンペンのユダヤ人家庭に生まれました。父親は仕立て屋で、ハンスは父親から仕立ての技術を学びました。

1933~39年:ハンスは腕のいい仕立て屋であり、ピアニストとしても才能がありました。いろいろなことに興味を持つハンスは読書が好きで、最新の情勢にいつも注意を払っていました。

1940~43年:1942年1月、オランダの各地方にいたユダヤ人にアムステルダムに移るよう指令があり、ルーデルシェイム一家もそれに従いました。1943年初め、レイデンの近くでキリスト教徒の家に隠れているときに、ハンスは抜け出して友達のアイナに逢いに行きました。すると突然ドイツ兵がアイナの家を訪れたのです。ハンスはバスルームのクロゼットの服の後ろに隠れました。ドイツ兵は家中を探し回り、最後にバスルームに来ました。アイナは暗いクロゼットのドアを開き、できるだけ何気ない声で、「そしてここがクロゼットです」と言いました。家の中にユダヤ人はいないと思ったドイツ兵はそのまま出て行きました。

1943年、ハンスは裏切りにあい、強制収容所に送られて、そこで亡くなりました。