ハーシェル・ローゼンブラット

ハーシェル・ローゼンブラット

生まれました: 1916

ポーランド、ワルシャワ

ハーシェルは、イディッシュ語を話すユダヤ人の両親のもとに3人息子の末っ子として生まれました。 ハーシェルが子供の頃、彼の家族はラドムに引っ越しました。ラドムはユダヤ人住民が多く住む産業都市でした。 1930年までにハーシェルは学業を終え、父の製靴業を手伝っていました。 彼は後に、友人の助けで、家の塗装工としての常勤の仕事を見つけました。

1933-39: ハーシェルは20歳のときにポーランドの騎兵隊に招集され、塗装工の仕事を2年間中断しました。1939年8月にドイツがポーランドを攻撃する危機が迫ると、ハーシェルは再び召集されました。 ドイツがポーランドを占領した後、捕虜として捕らえられるのを逃れ、家に帰りました。 ドイツ人が彼の兄のイツィクを殴り倒したとき、ハーシェルはお金を借りて、東へ逃げ、ソ連占領下のポーランドにある町スロニムに向かいました。

1940-41: ハーシェルはスロニムで再び塗装工としての仕事を見つけましたが、1941年に塗装中に足場から転落し、足の骨を折りました。 彼が入院していた1941年6月22日に、ドイツがソ連を攻撃しました。3日後にドイツ軍がスロニムになだれ込んできました。 ハーシェルの友人のほとんどは逃げましたが、入院していたハーシェルはどうすることもできませんでした。 ドイツ軍がソ連に進軍していたとき、移動虐殺部隊がドイツ軍に続いて、ユダヤ人を殺害するためにスロニムに入りました。

ハーシェルは、スロニムの他の入院患者と共に、病院のベッドに横たわっているときに銃殺されました。 25歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.