ヘルタ・シェール-クリヒエール

ヘルタ・シェール-クリヒエール

生まれました: 1921

ドイツ、ミュンヘン

ヘルタが生まれたとき、ウィーン市民の母親とポーランド生まれの父親は、紳士服の商売をしており、経営は順調でした。1923年11月にヒトラーの反ユダヤ主義ナチ党がドイツ政府の打倒を企てた後、ユダヤ人のシェール一家は、ヘルタの祖父母が住んでいるウィーンに引っ越しました。

1933~39年:ハイキングはヘルタの大好きな活動の1つでした。ヘルタはゴルドニアというシオン主義グループに属し、会合でメンバーはパレスチナ(イシューブ)にユダヤ人の祖国を建設することについて話しました。1938年にドイツがオーストリア(アンシュルス)を併合した後、ヘルタの両親は国を出た方がよいと決断し、不法に国境を越えてオランダからブリュッセルへと密入国しました。

1940~42年:1940年にドイツはベルギーを占領しました。ヘルタは1941年にスルレク・クリヒエールと結婚しましたが、彼は1942年に「東での労働出頭」を命じられました。後に、彼女はスルレクが送られた場所がわかるかもしれないという会合について聞きました。しかし、それは計略でした。彼女は逮捕されて国外へ追放されたのです。列車の中で彼女は両親に手紙を書き、封筒に次のように書きました。「これを見つけた人へ:貴方にも戦争に行った息子さんがいれば、子供からの手紙を待つ親の気持ちがわかるはず...」彼女はその手紙を囚人護送車から投げました。

ヘルタは謎めいた言葉を使って、アウシュビッツから葉書を出しました。「思いがけなく、ここで貴方のお母さんに会いました。」死に遭遇したという意味です。ヘルタはアウシュビッツで亡くなりました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.