ヒルデガルド(ヒルダ)・クラカウエロヴァ・ニッチケオヴァ

ヒルデガルド(ヒルダ)・クラカウエロヴァ・ニッチケオヴァ

生まれました: August 23, 1913

チェコスロバキア、ホドニーン

ヒルダは、父親が乾物と洋服を売る店を経営するモラビアの小さな町で、ユダヤ人の両親のもとに6人兄弟の末っ子として生まれました。家族は、自宅でチェコ語とドイツ語の両方を話しました。ヒルダはおてんば娘で、子供の頃からマッカビ競泳チームの一員として競技に参加しました。ホドニーンの公立中等学校に通い、歯科技工士としての道を進むことを希望していました。

1933年〜1939年: 1933年2月、ヒルダはモロビアの首都ブルノに引っ越し、そこで歯科学校に通いました。1935年12月23日、ヒルダはレオ・ニチケと結婚し、その2年後、ヒルダは歯科学校を卒業しました。1939年3月、ドイツ軍がボヘミアとモラビアを占領し、即座にユダヤ人に制約を課しました。ドイツ軍はニチケ夫婦をアパートから強制退去させ、ヒルダはユダヤ人としてユダヤ人以外の患者の治療を禁じられました。

1940年〜1944年: ニチケ夫婦はレオの姉妹エディタの家族のもとに身を寄せました。ヒルダは、ユダヤ人歯科医の歯科助手の仕事を見つけました。1943年6月、ヒルダとレオは、エディタの家族と共に、チェコスロバキア西部にあるテレージエンシュタットゲットーに移送されました。1944年10月28日、ヒルダ、レオ、そしてエディタの家族はアウシュビッツ強制収容所に移送され、そこでヒルダは強制労働に選別されました。ヒルダはベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送され、ラグーンの飛行機工場で働かされました。

ヒルダは1945年5月にテレージエンシュタットゲットーで解放されました。戦後、ブルノに戻ったときに、夫がアウシュビッツ強制収容所で亡くなったことを知りました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.