イサク・セルシュッツ

イサク・セルシュッツ

生まれました: 1882

ポーランド、ドバス

イサクはドバスの敬虔なハシド派ユダヤ教徒の両親のもとに7人兄弟の一人として生まれました。1900年になる頃には兄弟全員がアメリカに移住し、イサクだけが宗教的な理由でポーランドに残りました。イサクは18歳のときに見合い結婚でエスター・バールを娶り、二人はドバスの近くの小さな町、コルバスゾアに新居を構え、イサクは卸売店の経営に成功しました。

1933~39年:1939年9月9日、ドイツ軍がドバスを占領しました。ドイツ軍に反抗した場合の見せしめとして、二人のユダヤ人が縛り首にされました。イサクの商売にも影響が生じ、新しい商品の出荷が受けられなくなって家業を停止せざるを得なくなりました。当時貴重品扱いされていたコーヒー豆を隠匿しているとドイツ軍に疑われたことで、イサクを取り巻く状況はさらに悪化しました。イサクの店の商品はドイツ軍にすべて没収されてしまいました。

1940~42年:ゲシュタポの司令官は信心深いユダヤ人の長いひげが気に入らず、それを剃り落とすことを命じました。イサクは生涯を通じてひげを剃ったことがありませんでした。それはユダヤ教の戒律に反することだったからです。床屋が到着すると、イサクはじっと静かに座ってひげを剃られました。その心境は死を味わっているかのようでした。ある日の午後、ゲシュタポがイサクを捕えに来ました。ゲシュタポがドアを叩いている間に、イサクは裏庭に走って隠れましたが、捕まって物置に入れられ、そこで2回銃で撃たれました。痛手を負ったイサクは、「豚ども!処刑者ども!復讐だ!復讐してやる!」と叫びました。

イサクはその後さらに5回撃たれ、こと切れました。イサクは1942年4月28日に処刑された22人のユダヤ人のひとりでした。二人の息子たちによって、彼はコルバスゾアで父親の墓の横に埋葬されました。