イズレイル・センドルフ

イズレイル・センドルフ

生まれました: May 19, 1902

ポーランド、ウッチ

イズレイルは、ポーランドのウッチで敬虔なハシディックの家庭に生まれました。家族は彼がユダヤ教の指導者になることを願っていましたが、イズレイルは反抗し、16歳のときに印刷工に弟子入りしました。読書好きで、労働者の闘争に共感を深め、まもなく自身で革命の歌を書き始めました。最初の詩集『The Red Agenda』は高い評価を得ました。

1933~39年:1933年、ヒトラーがドイツの首相となった年に、イズレイルはパリに移りました。しかし、町は失業者であふれ、ユダヤ人の移民は常に国外追放の危険にさらされていました。家族を養うため、イズレイルは木の行商をして回りました。詩も書き続けました。作家組合に加入し、New Pressのために書きました。

1940~44年:1940年にドイツはパリを占領しました。イズレイルは反ファシストの地下組織で11か月間働きましたが、ついに逮捕され、2000人のユダヤ人がいたピティヴィエ通過収容所に移送されました。そこで地下組織の編成、文化的な会合の準備などを手伝い、文筆活動も続けました。彼は掘っ立て小屋を順に回って、他の囚人たちに詩を読み聞かせました。「Our Courage Is Not Broken(私達の勇気は壊れていない)」という詩は収容所の賛歌として歌われました。「私たちの勇気は縛られていない/人生は驚くほど美しい...」1942年5月に彼はアウシュビッツ行きの列車に乗せられました。

イズレイルはアウシュビッツで亡くなりました。ピティヴィエから来た多くの囚人がガス室へ行く途中、彼の「Our Courage Is Not Broken」を歌いました。