ジャン・ピーター・プフェッファー

ジャン・ピーター・プフェッファー

生まれました: May 3, 1934

オランダ、アムステルダム

ジャン・ピエールの父ハインツは、ドイツ系ユダヤ人の避難民であり、オランダ系ユダヤ人女性のヘンリエット・デ・レーウと結婚しました。 ナチの独裁と強制収容所でのハインツの叔父の殺害に恐れを抱いた2人は、ヘンリエットが妊娠9か月のときにオランダに移住しました。 彼らはアムステルダムに住みました。

1933-39: ジャン・ピエールは、両親がオランダに来て間もなく生まれました。 彼が18か月のとき、弟のトミーが生まれました。 1939年にジャン・ピエールの父の両親と弟が、ドイツから避難民としてオランダの彼らのもとにやって来ました。 ジャン・ピエールとトミーは、オランダ語を母国語として育ち、田舎にある母の家族の家でよく過ごしました。

1940-44: ドイツは1940年5月にアムステルダムを占領しました。ドイツの占領にもかかわらず、6歳のジャン・ピエールは、日々の生活で大きな変化は感じませんでした。 彼の9歳の誕生日の直後に、ドイツ軍は彼の祖母をウェステルボルクという収容所に送り込みました。 6か月後にジャン・ピエールと彼の家族が同じ収容所に送られましたが、祖母はもうそこにいませんでした。 冬の間に、プフェッファー一家はテレージエンシュタットという遠方のゲットーに送られました。そこでジャン・ピエールは寒さに震え、お腹をすかせて、脅えながら過ごしました。

1944年5月18日にジャン・ピエールは家族と共にアウシュビッツに移送されました。 彼は1944年7月11日にガス室で殺害されました。ジャン・ピエールは10歳でした。