ヨハンナ(ハンネ)・ヒルシュ

ヨハンナ(ハンネ)・ヒルシュ

生まれました: November 28, 1924

ドイツ、カールスルーエ

ハンネは、カールスルーエというドイツの町に住むユダヤ人一家のもとに生まれました。 彼女の父マックスは写真屋でした。 彼が1925年に亡くなった後も、ハンネの母エラは写真館を続けました。 1930年にハンネは公立学校に入りました。

1933-39: 1933年4月に私たちの写真館は、カールスルーエの他のユダヤ人商店と同じく、反ユダヤボイコットに際して「ユダヤ人からは買うな」という標識が掲げられました。 私は学校で、級友からの侮蔑の言葉に怒るあまり、彼女のセーターを引き裂いてしまいました。 1938年11月のユダヤ人ポグロムの後、ユダヤ人に携帯を義務付けられた「J」の印が付いた新しいIDカードの写真を作るのに、写真館は大忙しでした。 写真館は12月31日まで開いていました。このとき、ユダヤ人のすべての商店は閉鎖を余儀なくされたのです。

1940-44: 1940年に私たちは、フランスとスペインの国境にあるヴィシー抑留収容所、グールに移送されました。 私はそこの社会福祉指導員から、ル・シャンボン村の牧師が抑留収容所から子供を引き取りたがっていることを聞きました。 子供の援助協会から来ていたこの社会福祉指導員は、私を連れ出しました。 自由になるのは素晴らしいことでした。 しかし、1942年までにドイツの一斉検挙はル・シャンボン村にまで及び、私は2軒の農家で匿われました。 農家の人々は喜んで助けてくれました。 ある人は、「私たちは裕福でなくても、もっとたくさんの人を助けたいんだ」と言っていました。 1943年初めに、私はスイスに逃げました。

戦後、ハンネはスイスのさまざまな町で暮らしていました。 1945年にマックス・リーブマンと結婚し、3年後に夫と娘と一緒に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.