ジュリアナ・ネメット

ジュリアナ・ネメット

生まれました: April 24, 1876

ハンガリー、ホードメゼーワーシャールヘイ

ユダヤ人の商家に生まれたジュリアナは、ハンガリー南東部にある、セゲドから約48キロのセンテシに住んでいました。彼女とその夫のイエヌには、バーバラとマーギットという2人の既婚の娘と、センテシで歯科医をしていた息子のデシデルの3人の子供がいました。ジュリアナとその夫は、交通量の多い都市間道路沿いに金物類と食料品を売る商店を経営していました。

1933〜1939年:私の夫と私は、自分たちの店で一生懸命に働いています。1930年代の不況は壊滅的なものでしたが、状況はわずかに好転し始めています。結婚して近くのテレクセントミクローシュの町に越したバーバラは、今は離婚して息子とともにセンテシに戻ってきています。バーバラは私たちの店でともに働いています。

1940〜1944年:1944年3月にドイツ軍がハンガリーを占領してから4か月になります。ハンガリーのファシスト党、アロークロスの党員が私たちの店と家を没収しました。イエヌと成人している子供たちとその家族、義理の家族の数人、そして私は、セゲド周辺の町の何千人ものユダヤ人とともに、セゲドの運動場とレンガ工場にある仮設ゲットーへ移送されました。そこではほとんどの人が子供や年配者、または夫がハンガリー軍の強制労働部隊に徴兵された女性です。

ジュリアナとその家族は、シュトラショフ強制収容所を経て、オーストリア東部のゲストリング・アン・デア・イップスにある労働収容所へ移送されました。彼らは、米国軍が到着するわずか数日前に、撤退する親衛隊の兵士たちによって射殺されました。