カトー・ディッカー・ナギー

カトー・ディッカー・ナギー

生まれました: February 2, 1912

ハンガリー、ウーイペシュト

5人兄弟の4番目として、カトーはユダヤ人家族のもとに生まれました。家族は、ブダペストから8キロ離れたウーイペシュトで家具店を経営し、材木置き場も所有し、事業は順調でした。幼い頃の彼女は、大きな家で家族の「オーケストラ」と共に、歌を唄ったり、バイオリンを弾いて楽しい時間を過ごしました。身体を動かすことが好きな彼女は、水泳、自転車、テニスなども楽しみました。とりわけ、友人と共にドナウ川で漕ぐことが大好きでした。

1933年〜1939年: 結婚し、私はブダペストの北東にある町、ザグヴァパルファルヴァに移り住みました。ここには、5、6世帯のユダヤ人家族しかいませんでした。夫はそこで大きな雑貨店を経営し、私はレジ係として働きました。私たちは1939年まで、公証人、郵便局長や他の友人たちと、ピクニックなどの野外イベントを楽しみました。夜にナチス青年団が、私たちの家にきて反ユダヤ主義のスローガンを唱えながら窓を叩いたため、私たちは恐怖に襲われました。青年団の中には、親交のある公証人の10代の息子もいました。

1940年〜1944年: 1944年3月19日、ドイツ軍はハンガリーに侵攻しました。数か月後、私と幼い息子は移送されました。3日3晩も息の詰まるような家畜運搬車に押し込められながら、サンドアと母乳の出ない友達の赤ちゃんの世話もしました。アウシュビッツで、私たちに手を貸して列車から降ろしてくれながら、男性がささやきました。「赤ちゃんをあの年配の女性に預けなさい。あなたが働いている間、赤ちゃんの側で世話をしてくれるから。夜にはまた彼に会えますよ。」夜にまた会えるという言葉に少し緊張が和らいだので、息子のサニャーイカをその年配の女性に渡し、世話をしてくれるよう懇願しました。

34歳のカトーは、強制労働者として選別されました。彼女は後に、赤ん坊と年配者は到着すると、ガス室で殺害されたことを知りました。カトーは1945年にマウトハウゼン強制収容所から解放されました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.