コーネリア・メア・ドイッチュ

コーネリア・メア・ドイッチュ

生まれました: April 7, 1904

ハンガリー、ブダペスト

コーネリアはネリーと呼ばれていました。ハンガリーの首都ブダペストでユダヤ人の両親のもとに生まれた2人姉妹の長女でした。コーネリアの父親は、第一次世界大戦中ハンガリー軍に従軍しました。コーネリアは公立学校に通い、後に石けん工場で簿記係として働きました。1928年、コーネリアは、マッチを販売していた実業家ミクサ・ドイッチュと結婚しました。

1933年〜1939年: コーネリアの夫は信心深く、ドイッチュ家の3人の子供はユダヤ人学校に通いました。ミクサとその兄弟は、ハンガリー唯一のスウェーデン製マッチの販売業者であり、事業は大成功を収めていました。1939年5月、ハンガリー政府によって、事業に従事できるユダヤ人の数が制限されるようになったため、ドイッチュはユダヤ人従業員の一部の解雇を余儀なくされました。

1940年〜1944年: 1940年、ミクサはハンガリー軍の国家労働奉仕団に徴兵されました。その後、ハンガリー首相の弟に家業の経営の引き渡しを強制されました。1944年3月、ブダペストがドイツ軍に占領されると、ユダヤ人はユダヤ教の星の印が付けられた特別な家に移住させられました。1944年10月、ハンガリーのファシスト党員はこれらの家からユダヤ人の一斉検挙を開始しました。コーネリアは、スイス大使館を通じて孤児院での仕事を提供されましたが、11月15日、その仕事に就く前に一斉検挙で逮捕されました。

コーネリアは拘留を逃れましたが、その後再び捕まり、ドイツのラーフェンスブリュック強制収容所に移送され、そこで亡くなりました。彼女の3人の子供は、戦争を生き延びました。