リディア・レボウィッツ

リディア・レボウィッツ

生まれました: 1934

ハンガリー、シャーロシュパタク

リディアは、ハンガリーの北東部にある小さな町、シャーロシュパタクに住むユダヤ人の両親のもとに2人姉妹の次女として生まれました。 リディアの両親は布地を扱う商売をしており、経営は順調でした。 当時の田舎では、既製服はまだ珍しかったのです。 町民や地元の農民はレボウィッツの店で生地を買い、仕立て職人や裁縫婦のもとに持って行き、服を縫ってもらっていました。

1933-39: リディアが2歳のとき、何年も前に米国に移住した叔母のサディが2人の子供のアーサーとリリアンと一緒に訪ねてきました。 従兄弟たちは皆、祖父母の牧場で一緒に遊んで楽しく過ごしました。 アメリカからの旅の途中、リディアの叔母の船はドイツのハンブルグに入港し、サディ叔母はナチスが通りを行進しているのを見ました。 サディ叔母は、シャーロシュパタクにいる彼女の家族はどうなるのかと心配しました。

1940-44: 1944年にドイツ軍はハンガリーを占領しました。 侵攻から1か月後、ナチの命令に従って行動していたハンガリー人憲兵は、リディアと彼女の両親を家から立ち退かせました。 レボウィッツ一家は、何百人もの他のユダヤ人市民と一緒に地元のシナゴーグに身を寄せ合って3日間過ごしました。 彼らは皆、近くのシャートラルヤウーイヘイの町に移され、町のジプシー地区に設けられたゲットーにおよそ15,000人のユダヤ人が押し込められました。 ゲットーの住人は十分な食料を手に入れるのに苦労しました。

1944年の5月から6月にかけてゲットーは一掃されました。すべてのユダヤ人は貨車に閉じ込められて、アウシュビッツに移送されました。 リディアと彼女の両親の消息は途絶えました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.