ミカエル・フォン・ホッペン・ワルトホルン

ミカエル・フォン・ホッペン・ワルトホルン

生まれました: May 25, 1889

ポーランド、ティスメニカニー

ミカエルはオーストリアのガルシア地域の南東部にある村に生まれました。この地域は1918年にポートランドの一部になりました。ユダヤ人の両親のもとで育ったミカエルは、第一次大戦末までオーストリア・ハンガリー軍の将校を務めました。終戦後、ミカエルはハンガリー系ユダヤ人の妻とパリに定住し、ミッシェルと呼ばれるようになりました。パリで3人の子供たちを育てました。

1933-39: ミカエルの家族のパリでの生活は、ヨーロッパ東部での生活よりも恵まれたものでした。パリでは、乾物を扱う店舗を2つ構え、子供たちにも優れた教育を受けさせることができました。パリにいれば、ドイツで台頭しつつある反ユダヤ主義からも守られていると感じました。

1940-42: 1940年、フランスはドイツ軍に降伏し、ミカエルはフランス国籍を取得していなかったため、フランス以外の国で生まれたユダヤ人たちとともに、ただちに収容所に更迭される危険がありました。1941年、ミカエルは店舗と市場の露店を失い、逮捕されてドランシー収容所に6か月間拘留されました。1942年7月、ユダヤ人が公共の場ではユダヤ人であることを示す星印を衣服に付けることが義務付けられた1か月後、ミカエルは町でフランス警察によって逮捕され、ドランシーに戻されました。その6日後、ドイツ軍によって、ミカエルと他のポーランド生まれのユダヤ人たちは家畜用貨物列車に積み込まれました。

アウシュビッツに到着後間もなく、1942年7月24日、ミカエルはガス室で殺害されました。53歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.