モルデチャイ・ピンカス・シャバッソン

モルデチャイ・ピンカス・シャバッソン

生まれました: 1908

ポーランド、コゼニッチェ

モルデチャイはイディッシュ語ではMotlと呼ばれ、6人兄弟の敬虔なユダヤ人家族のもとに生まれました。白樺の森にある故郷のコジェニツェは、木材産業が重要でした。中学校を卒業後、モルデチャイは材木商を始めました。小さい会社でしたが、木材の売買で繁盛していました。

1933~39年:1939年9月にドイツ軍がポーランドに侵攻してから数か月後、モルデチャイの父親はコミュニティの要人としてドイツに逮捕される可能性があったため、退去の警告を受けました。モルデチャイは父、妹、義理の兄弟、恋人と共にソ連占領下のポーランドに逃げて、避難所を見つけたいと願っていました。途中、モルデチャイは恋人と結婚しました。

1940~41年:ソ連とポーランドのドイツ占領地域の国境を越えて安全に密入国した後、ドイツ軍が西ウクライナに侵攻した1941年まで、リヴィウに近いソ連管理下の木材産業で働きました。侵入と同時に、ナチスの移動虐殺部隊(アインザッツグルッペン)は、その地域の何万人というユダヤ人の殺害を開始しました。

33歳のモルデチャイとその家族からは二度と連絡がありませんでした。アインザッツグルッペンで殺害された数千人のユダヤ人の中にいたのかもしれません。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.