オッシ・ストイカ

オッシ・ストイカ

生まれました: 1936

オーストリア

オッシは、幌馬車に乗って家族で旅をするローマカトリック教徒のジプシーのもとに6人の子供の末っ子として生まれました。 彼らの幌馬車はオーストリアの首都ウィーンで冬を過ごし、オーストリアの田舎で夏を過ごしました。 ストイカ一家は、ロワラ・ロマ族と呼ばれるジプシーの部族に属しており、馬の行商人として生計を立てていました。 オッシの祖先は200年以上前からオーストリアに住んでいました。

1933-39: 1938年3月にドイツがオーストリアを併合したとき、オッシは2歳でした。ドイツが進軍してきたとき、ストイカ一家の幌馬車は、冬の間ウィーンの野営地に停めてありました。ドイツ軍はジプシーにそこに留まるように命じました。 ストイカ一家は、住まいを幌馬車から木造の家に移し、1か所に定住しなければなりませんでした。

1940-44: ジプシーは、「異人種」の一員として登録することを強いられました。 オッシが5歳のとき、ドイツ人が彼の父を連れ去りました。 次に、姉のキャシーを連れ去りました。 さらに、オッシと残りの家族はビルケナウにあるナチスのジプシー収容所に移送されました。 そこでは食べる物がほとんどなく、カブを食べてしのぎました。 幼いオッシはチフスに罹り、病気の囚人用の収容所に連れて行かれました。 診療所はしばしば、囚人の間で「火葬場の控え室」と呼ばれていました。

オッシは診療所で治療を受けられず、チフスと栄養失調で死亡しました。 7歳でした。