プレベン・ムンク・ニールセン

プレベン・ムンク・ニールセン

生まれました: June 13, 1926

デンマーク、スネッカーステン

プレベンは、デンマークの小さな漁村スネッカーステンのプロテスタントの家庭に生まれました。彼は祖母によって育てられましたが、祖母は他の5人の孫の面倒も見ていました。プレベンは毎日、スネッカーステンから南へ約40キロのところにある、デンマークの首都コペンハーゲンの学校に通っていました。

1933年〜1939年: 小学校には数人のユダヤ人しかいませんでしたが、私は彼らをユダヤ人というより自分のクラスメートや仲間だと思っていました。デンマークでは、ユダヤ人と非ユダヤ人は区別されず、皆がデンマーク人でした。5年生になると、クラスメートと私は、ドイツ軍増強の噂を聞きました。しかし、その後、1939年に、私の両親は、ヒトラーはデンマークに侵攻しないと約束していると言いました。その言葉を聞いて、自分たちは他の場所と違って、安全なのだと感じていました。

1940年〜1942年: 占領。1940年4月、私がコペンハーゲンに着いたとき、頭上をドイツ軍の飛行機が飛び、ドイツ将校が街の中にいるのを見ました。私はスパイとしてレジデンスに参加し、ゲシュタポがデンマークのユダヤ人を追い詰め始めた1943年10月からは、さらに関与を強めました。私たちは、ユダヤ人難民の救出活動を始めました。海岸近くの家で彼らをかくまい、指定された時間に待っているボートまで彼らを連れて行きました。闇に紛れて、私たちは12人のユダヤ人を海峡を越えてスウェーデンへと連れて行きました。約6キロの旅に50分ほどかかりました。

プレベンは、スウェーデンに1,400人の難民を送り届けました。ドイツ軍がデンマーク政府を掌握した1943年11月、彼もスウェーデンに逃亡しました。1945年5月、彼は故郷に戻りました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.