レイナーテ・グットマン

レイナーテ・グットマン

生まれました: December 21, 1937

チェコスロバキア、テプリツェ・シャノフ

レイナーテと彼女の双子の弟のレネ、そしてドイツ系ユダヤ人の両親はプラハに住んでいました。 レイナーテの両親は、双子が生まれる少し前に、ナチス政府のユダヤ人に対する政策から逃れるために、ドイツのドレスデンから逃げてきました。 レイナーテの父ヘルベルトは、ドイツを離れてチェコスロバキアに住む前、輸出入の事業に携わっていました。 彼女の母のイタは会計士でした。

1933-39: 私たち一家は、プラハの路面電車22番沿いに建てられた6階建てのアパートに住んでいました。 長く急な階段を上ると、私たちのアパートに着きました。そこで弟のレネと私は、両親の寝室にある子供用ベッドに一緒に寝ていました。テラスからは外の庭が見渡せました。 レネと私はいつもおしゃれなお揃いの衣服を着ていました。 私たちは日中、よく近くの公園で遊んで過ごしました。 1939年3月にドイツ軍がプラハを占領しました。

1940-45: 私は6歳になる直前に、テレージエンシュタットのゲットーからアウシュビッツに送られました。 そこで私は70917番になりました。私は弟と母から引き離され、病院に連れて行かれました。そこで、私は身体測定とレントゲン検査を受け、首から採血されました。 私はテーブルの上に縛りつけられ、ナイフで切りつけられました。 注射されたところ、吐いて下痢をしました。 注射の後病院でぐったりしていると、護衛兵が入って来て、殺す病人を連れて行きました。 私を看病してくれた看護婦が、長いスカートの下に私を隠してくれました。そして、私は護衛兵が出て行くまでじっとしていたのです。

レイナーテと彼女の弟は生き残り、1950年にアメリカで再会しました。彼らは、「メンゲレの双子」の1組として人体実験に使われたことを知りました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.