ロベルト・フロイント

ロベルト・フロイント

生まれました: October 3, 1893

ドイツ、フォイデンハイム

ロベルトは、マンハイムの郊外で5人兄弟の2番目としてユダヤ人の両親に育てられました。彼は第一次世界大戦当時、ドイツで兵役中に負傷しました。戦後、結婚して工業都市マンハイムに家を構えたロベルトは、インテリアデザイナーとして生計を立てながら、妻のエマと2人の子供を育てました。

1933~39年:1933年にナチスが台頭すると、ロベルトは仕事を失い、子供たちは公立学校を退学させられました。1938年、ナチスが地区のユダヤ教会堂とユダヤ人学校を焼き払ったとき(水晶の夜)、彼と妻は14歳の息子をイギリスに送る決心をしました。夫妻は、娘は海外へ送り出すには若すぎると思いました。ロベルトは、ナチスの迫害は悪化しないであろうと考え、マンハイムに残ることにしました。1939年に戦争が始まりました。

1940~42年:1940年10月22日、フロイント家はマンハイムを出る準備をして汽車の駅に集合するように命令されました。ロベルトは命令に背き、マンハイム市外に住んでいるユダヤ人家庭に妻と娘を隠そうとしましたが、発見されてしまいました。ロベルトは家族の目の前で殴られました。早く殺してほしいと頼むと、暴行が止まりました。フロイント家は、南フランスのギュルス収容所に移送され、ロベルトは妻子と離れ離れになりました。

1942年の8月にロベルトはドランシー通過収容所に移送され、8月14日にアウシュビッツに送られて、到着後ガス室で殺害されました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.