シュロマ・ウォルフ(ウィリー)・シャピロ

シュロマ・ウォルフ(ウィリー)・シャピロ

生まれました: May 25, 1910

ポーランド、スカラ

ユダヤ人一家のもとに生まれたウィリーは、20歳のときにポーランドを離れて、パレスチナに移住しました。 彼はパレスチナの英国委任統治を終わらせるために、労働者組織で活動していました。 彼はその活動が理由で、1931年5月1日に逮捕されました。2年の実刑判決を受けて服役した後、ウィリーはパレスチナから追放されました。

1933-39: 1933年にウィリーはパレスチナからオーストリアに渡り、そこで労働者階級の運動に加わりました。 オーストリアの不景気によって運動は勢いを増し、ウィリーと彼の友人は警察に厳重に監視されました。 ドイツが1938年にオーストリアを占領すると、ゲシュタポは彼を逮捕しようとしました。 ウィリーは友人の助けでフランスに逃げ、職を探してパリに出ました。

1940-44: 1940年半ば頃に、ウィリーはパリの毛皮業者のもとで職を見つけ、ドイツ軍のために衣服を作ることを余儀なくされました。 ウィリーは労働者を組織し、サボタージュに参加させました。多くの労働者がドイツによって逮捕されましたが、ウィリーはさらに多くの人々を勧誘することで、逮捕に抗議していました。 1943年5月にウィリーは、武装レジスタンスグループのフラン・ティルール・エ・パルチザンに加わりました。 1943年10月27日にドイツ軍部隊を攻撃中、彼は逮捕されました。 彼は拷問されましたが、仲間の活動家の名前を決して明かしませんでした。 彼は銃殺刑の判決を受けました。

ウィリーは1944年2月21日水曜日に処刑されました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.