ヴィタ・リブキナ

ヴィタ・リブキナ

生まれました: 1901

ベラルーシ

ヴィタは、5歳になる前に両親を亡くしたため、いとこと一緒に暮らしていました。18歳でイオシフ・リブキンと結婚して、二人はミンスクに引越し、ハシア、ドラ、ベルタという3人の娘を育てました。

1933〜1939年:1930年代初頭、リブキン一家はミンスクの中心地、スヴィスロヒ川のそばにあるノヴォメスニツカヤ通りに住んでいました。1930年代、娘たちはソ連の公立学校に通い、ソ連青年組織ヤングパイオニアズのメンバーでした。1930年代後期まで、ミンスクはドイツのポーランド侵略から逃れてきたポーランド人難民で溢れていました。

1940〜1943年:1941年6月27日、ドイツ軍がミンスクに到達しました。8月までに、ヴィタの一家はミンスクのゲットー内にあるオブヴナヤ通り46番地に強制的に移住させられました。そこでは、飢えた人々がゲットーを取り囲む有刺鉄線のフェンスに穴を開け、「アーリア人」側で密かに食料を探し求めました。見つかった人は射殺されました。家族に食べさせるため、ヴィタは、所有していたあらゆるものを売って食料を買い求めました。ヴィタは一度、夫の上着を売ろうとして捕まりました。警察官はその上着を没収して自分のものとして着用し、自分の上着をヴィタに渡すと、激しく暴力を振るいました。

ヴィタの末娘のベルタは、ゲットーが一掃される前にゲットーから逃れることができました。ヴィタと残りの家族は移送され、その消息は途絶えました。