ヴラディスラフ・ピオトロフスキー

ヴラディスラフ・ピオトロフスキー

生まれました: 1892

ポーランド、プウォツク

ヴラディスラフは、ロシア軍占領下のポーランドでカトリック教徒の両親のもとに生まれました。ワルシャワ北部の農村地域にある町、プウォツクで育ちました。ヴラディスラフは、1918年に結婚し、妻マリーと共に4人の子供を育てました。

1933年〜1939年: ヴラディスラフは、地元農業協同組合の簿記係として、またその後は会計士として働きました。1931年、破綻寸前の農業協同組合支部を閉鎖するため、ビショグルトに異動になりました。その1年後、地元の農家や土地所有者と協力して、ビショグルトに新しい成功した農業協同組合を組織しました。1939年のドイツによるポーランド侵攻後、協同組合はドイツ人に引き継がれましたが、ヴラディスラフと従業員はそのまま在職を命じられました。

1940年〜1942年: 1940年4月6日、ヴラディスラフとその長男ヤヌツは、ビショグルトの自宅でドイツ警察に逮捕されました。大きな何もないホールに連行され、そこでは多くの人が壁に向かって立たされていました。次々に、さらに多くの人が連れてこられました。数時間後、ヴラディスラフは自宅に戻るように命じられましたが、息子のヤヌツは、逮捕された人のうち強制収容所に移送された129人の1人となりました。その後、協同組合に戻ったヴラディスラフはポーランドのレジスタンスに加わりました。1942年5月、ヴラディスラフは逮捕され、4か月間にわたって拷問を受けました。

1942年9月18日、ヴラディスラフと12人の囚人は、プウォツクの元ユダヤ人地区でドイツ軍により公開絞首刑に処されました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.