ヨーセル・カラー

ヨーセル・カラー

生まれました: August 10, 1927

ポーランド、ウッチ

ヨーセルは、西ポーランドの産業都市、ウッチで信心深いユダヤ人一家のもと、6人の子供の1人として生まれました。彼の父親は実業家でした。6歳になり、彼はユダヤ人学校に通い始めました。彼の2人の姉は、午前中は公立学校に、午後からは神学校に通っていました。ヨーセルは、自由時間の大半を兄弟たちとサッカーをして過ごしていました。

1933年〜1939年: 私たちは、ウッチの北地区にある質素な家に住んでいました。ユダヤ人の昼間学校に通っていて、そこには多くの友人がいました。1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドを攻撃しました。7日後、私が裏庭でサッカーボールを蹴っていると、ドイツ軍兵士が、中には馬に乗っている兵士もいましたが、通りを行進していくのが突然目に飛び込んできました。その後、1発の銃声を聞きました。ドイツ軍はウッチを占領し、1939年11月9日にドイツ帝国に併合しました。

1940年〜1944年: 私と姉はパンを求めてパン屋の前で夜通し列に並んでいたのですが、朝、ポーランド人が私たちに気が付き「ユダヤ人!」と叫んだため、結局追い出されてしまいました。別のパン屋に行く途中、通りに3人のユダヤ人が吊るされているのを見ました。私たちは家まで走って戻りました。1943年の終わりに、私はゲットーからポーランドのヒュアステングルーベ強制労働収容所に移送されました。鉱山で、転がっている石炭を集めてワゴンに入れる仕事をしていました。私は背が低く、小さなトンネルに入れたため、うまくできました。食事は、朝はパン、夜にスープが出るだけでした。

1945年1月、ヨーセルは北ドイツに向かって行進を強いられた囚人のうちの1人でした。5月5日、彼は英国軍に解放され、最終的には、1947年に米国に移住しました。