ザリー・ワルトホルン

ザリー・ワルトホルン

生まれました: June 27, 1927

フランス、パリ

ザリーはユダヤ人移民に生まれた3人子供のうちの2番目でした。ポーランド生まれの父親はオーストリア・ハンガリー軍の元将校で、第一次世界大戦中にハンガリー生まれの母親と出会って結婚しました。ザリーが生まれる少し前に、両親はパリに定住しました。そこで、ザリーと彼女の弟と姉は信心深い家庭に育ちました。

1933〜1939年:母は自分が育った貧しい村よりもパリの方がずっとよいと言っていました。母はかたことのフランス語しか話しませんでしたが、私はフランス語を流暢に話して育ちました。小学校では、フランスの歴史についてあらゆることを学びました。私はヒットラーを恐れていませんでした。父は、ドイツのユダヤ人にはひどいことが起きているが、フランスでは心配ないと言っていました。

1940〜1944年:1940年にドイツがパリを占領したとき、私はもうすぐで13歳になるところでした。1942年に父が他のポーランド生まれのユダヤ人と共に移送されました。次に、母が移送されました。その後、私はユダヤ人の身分を隠す偽造身分証明書を使ってパリを出ました。私は16歳のザリー・ゲランと名乗りました。明るい色の髪で、青い目をしている上、流暢なフランス語を話したため、私は非ユダヤ人フランス人市民として通ったのです。私はアランソンの町で秘書として働きましたが、1年後にユダヤ人であることがばれて逮捕されました。ドイツ人は私に暴行を振るいました。長い間私にだまされたことを恥じているようでした。

17歳のザリーは、1944年7月31日に子供の護送隊でアウシュビッツに移送されました。数々の強制収容所を生き延び、戦後パリに戻って定住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.